FFFTPを使ってのワードプレスアップロード手順

FFFTPを使ってのワードプレスアップロード手順

ここではワードプレスをサーバー(Xサーバー)にアップロード、開設する手順を記載しておきます。とても簡単に出来ますので手順に沿って進めてみて下さい^^

ワードプレスアップロード手順

*ワードプレスをアップロードする前にご確認下さい。
 Xサーバーよりサーバー設定完了のメールが届いた後にXサーバ側のXサーバー基本設定
 (データベース設定)を済ませておく必要があります。

サーバー設定完了メールが届くまでの間に先に作業を進める為
「データベース設定」作業を飛ばしている可能性があります^^
一度「Xサーバー基本設定」は完了しているのかご確認くださいね^^

Xサーバー基本設定

ではFFFTPソフトを使ってワードプレスをサーバー(Xサーバー)に
アップロードしていきます。

まずはFFFTPソフトを立ち上げ
ワードプレスをアップロードするサーバーと接続します^^

すると次のような画面が表示されますので
まずはアップロードするワードプレスがおいてある場所を
赤枠で囲んだフォルダのアイコンをクリックして指定します。

今回はデスクトップにワードプレスのフォルダを
置いている事を前提に進めていきます。

では赤枠で囲んだフォルダのアイコンをクリック

FFFTPを使ってのワードプレスアップロード手順説明画像1

すると小窓が表示されますので赤枠で囲んだボタンをクリック

FFFTPを使ってのワードプレスアップロード手順説明画像2

するとローカルエリアの選択画面が表示されますので
ワードプレスを保存している場所(デスクトップ)を指定し「OK]をクリックします。

FFFTPを使ってのワードプレスアップロード手順説明画像3

ここも「OK」をクリック

ワードプレスアップロード手順説明画像4

すると左側にワードプレスを保存しているデスクトップの
フォルダやファイルが表示されますのでワードプレスのフォルダ(解凍したフォルダ)を
ダブルクリックします。

ワードプレスアップロード手順説明画像5

もう一度ダブルクリック

ワードプレスアップロード手順説明画像6

すると左側に実際にアップロードするワードプレスの中身が現れます↓

ワードプレスアップロード手順説明画像7

では次にワードプレスをアップロードする
画面右のサーバー側のエリアを指定します^^

まずは取得したサーバーネームが表示されたフォルダをクリックします。
手順に沿って進めてこられた方は「●●●xsrv.jp」の様に後ろに「xsrv.jp」と言う文字が
表示されているフォルダの事です。

ワードプレスアップロード手順説明画像8

するとまた幾つかのフォルダが表示されますので
その中の「public_html」をダブルクリックします。

ワードプレスアップロード手順説明画像9

すると今度は「index.html」のファイルのみが表示されるスペースが表示されます。

ワードプレスアップロード手順説明画像10

↑このスペースにワードプレスを通常であればアップロードしていきますが
今回は複数のサイトを管理する事を前提に新規フォルダをそのスペースに作成し
そのフォルダ内にワードプレスをアプロードしていきます。

そうする事でいくつものサイトを運営する事が可能になります。
では、まずサーバー側のスペースの何もない余白の部分を一度クリックし
続いて右クリックでメニューを開き「フォルダ作成」を選択します。

ワードプレスアップロード手順説明画像11

すると作成するフォルダ名の入力画面が表示されますので
お好きな文字列を半角英数で記入します。

今回はわかり易いように「ppc」と言うフォルダを作成してみます。
フォルダ名の記入が終わったら「OK]をクリック。

ワードプレスアップロード手順説明画像12

すると先ほど作成したフォルダが表示されますので
そのフォルダを続けてダブルクリックします。

ワードプレスアップロード手順説明画像13

するとサーバー側のスペースには何も表示されなくなります^^
その何もない新しく作成したフォルダの中にワードプレスをアップロードします。

ワードプレスアップロード手順説明画像14

では実際にアップロードを開始します。
まずはアップロードするワードプレスのフォルダやファイルを全て選択します。

ワードプレスアップロード手順説明画像15

するとワードプレスのファイルやフォルダが全て選択され青く表示されますので
そのまま画像の赤枠で囲んだアップロードアイコンをクリックします。

ワードプレスアップロード手順説明画像16

するとアップロードが開始されます^^
全てアップロードされるまでに5分ほどかかります。

アップロードが完了すると右側のサーバースペースに
ワードプレスのフォルダやファイルが転送されている事が確認できます^^

ワードプレスアップロード手順説明画像17

では続けてアップロードしたワードプレスに接続して
ワードプレスの設置作業に入ります^^

まず、先ほどアップロードしたサーバー側のワードプレスの中の
「index.php」を探し「index.php」にマウスのカーソルを合わせ右クリックでメニューを開きます。

すると「index.php」が青く選択されメニュー画面が表示されますので
「URLをクリップボードへコピー」をクリックします^^

ワードプレスの設置手順説明画像1

次にブラウザーを立ち上げ(ヤフーでもグーグルでも構いません)
アドレスバーの頭の「http://」だけを残し他を全て削除します^^

ワードプレスの設置手順説明画像2

削除したらhttp://の後ろに先ほどクリップボードにコピーたものを
右クリックでメニュを開き「貼り付け」で貼り付けます

ワードプレスの設置手順説明画像3

すると次のような文字列になるはずです
(私の場合)
「http://ftp://ppcbb.xsrv.jp/ppcbb.xsrv.jp/public_html/ppc/index.php」

ワードプレスの設置手順説明画像4

「ppcbb.xsrv.jp」←私が借りたレンタルサーバーのドメイン
「public_html」←サーバー内にあったフォルダ
「ppc」←「public_html」フォルダ内に自分で作成したフォルダ
「index.php」←自分で作成したフォルダ内にアップロードしたワードプレスの「index.php」ファイル

ワードプレスの設置手順説明画像5

ここから必要のないものを削除していきます。
最終的には「http://あなたのサーバードメイン/作成したフォルダ名/index.php」

↑この形にします^^なので私の場合は
「http://ftp://ppcbb.xsrv.jp/ppcbb.xsrv.jp/public_html/ppc/index.php」

「http://ppcbb.xsrv.jp/ppc/index.php」

↑こうなりますね^^

ワードプレスの設置手順説明画像6

↑この画像で逆に混乱される方もいるかもしれません^^;
その場合は素直に以下のアドレスを入力されて見て下さい↓」

「http://あなたのサーバードメイン/作成したフォルダ名/index.php

では正しく入力が出来たら「Enter」を押します^^
すると次のようなエラーメッセージ画面が表示されます。

エラーメッセージですが実際には正しく接続できていますので
「wp-config.php ファイルを作成する」をクリックします^^

ワードプレスの設置手順説明画像7

するとワードプレスのセットアップ画面が表示されますので
「次に進みましょう!」をクリックします

ワードプレスの設置手順説明画像8

するとデータベース接続のためのデータを入力画面が表示されますので
以下画像の4箇所にサーバーの「MySQL設定」で設定した情報を入力していきます。

ワードプレスの設置手順説明画像9

サーバーの「MySQL設定」で設定した内容は以下の手順で確認できます
(Xサーバーの場合)

Xサーバーにログインし管理画面のサーバーパネルの「ログイン」をクリック

Xサーバー登録手順参考画像14

次に開かれたページの「MySQL設定」をクリック
Xサーバー登録手順参考画像15

するとMySQL設定画面が表示されますので
以下画像の様に「データーベース」をワードプレスの「データベース名」へ
「アクセス権所有ユーザ」をワードプレスの「ユーザー名」に記入します^^
なお「アクセス権所有ユーザ」の(localhost)や(sv●●●.xserver.jp)などの
括弧の部分は記載する必要がありません^^

Xサーバー登録手順参考画像16

パスワードは「MySQL設定」時に設定したパスワードを記入します。
仮に忘れてしまった場合は「MySQLユーザの一覧 」からパスワードの変更が出来ますので
新たに設定したパスワードを記入されて下さい^^

また「テーブル接頭辞」はそのままでも構いませんが
複数のワードプレスを管理する場合に今回は解り易く数字の1を足しておきます^^

Xサーバー登録手順参考画像17

記入が完了したら「作成する」をクリックします。
すると次のような画面が表示されますので「インストールを実行しましょう!」をクリックします。

Xサーバー登録手順参考画像17

基本的には上記の手順でうまく設定できるのですが
以下画像のようなエラーメッセージが出る場合があります。

Xサーバー登録エラー参考画像

その場合は慌てずに一度「戻る」機能でもう一度先ほどのページに戻ります。
「データベース名」、「ユーザー名」、「パスワード」に間違いがないか確認し
それでも間違いがないようであれば「データーベースのホスト名」を
編集する必要があります。

確認方法は、Xサーバーの管理画面の「MySQL Ver.切替」をクリックします。

Xサーバーデーターベースのホスト名編集参考画像

次に「MySQL情報」をクリック

Xサーバーデーターベースのホスト名編集参考画像2

すると画面が切り替わりMySQL情報が表示されますので
赤枠で囲んだ「ホスト名」を確認します。

Xサーバーデーターベースのホスト名編集参考画像3

このホスト名がワードプレスの設定画面と違う場合は
その赤枠で囲んだホスト名に書き換え「インストールを実行しましょう!」をクリックします。

Xサーバー登録エラー修正画像

正しく設定が出来ると次の画面が表示されますので
「インストールを実行しましょう!」をクリックします。

Xサーバー登録エラー修正画像2

お好きなブログのタイトル(後で編集可能)と
メールアドレスを記入し「WordPressをインストール」をクリックします。

Xサーバー登録手順参考画像18

するとインストール完了画面が表示されると同時に
登録したメールアドレスにIDやパスワードが記載されたメールが届きます^^

Xサーバー登録手順参考画像19

これでワードプレスのアップロードと設置の完了です!^^

*有料コンテンツメンバー様は有料コンテンツ専用のサイト構築を行います。
なので有料コンテンツメンバー様はワードプレスのアップロードと設置が完了しましたら
「ベース設定1~利用するプラグインのインストール~」ページまでジャンプされて下さい^^

ベース設定1~利用するプラグインのインストール~

では次に今アップロードしたワードプレスを
PPC用にカスタマイズする上でベースとなる設定や
便利なプラグインなどをインストールしていきます^^

まずはじめにワードプレスではどんなに改行をしても
実は、一段しかスペースが空きません。

なので、このスペースを改行した分だけ空けてくれる便利な
「brBrbr」と言うプラグインをまずはインストールしておきます。

詳しくは次の
「ワードプレス改行分だけスペースを空けるbrBrbrプラグイン」で
お話していきます。

« FFFTPサーバー情報登録接続手順 ←前に戻る | 次に進む→ ワードプレス改行分だけスペースを空けるbrBrbrプラグイン »