PPC広告が掲載される2つの場所?

PPC広告が掲載される2つの場所?

ここではPPC広告が表示される主な2種類の広告掲載場所(検索ネットワークとコンテンツネットワーク)についてやそれぞれの表示回数やワンクリックに掛かる広告単価などの特徴についてお話しておきます。

コンテンツネットワークと検索ネットワーク

まずPPC広告というとヤフーやグーグルなどの検索エンジンを利用して
検索した結果画面に表示される広告だというイメージが強いですよね。

この様な場所に表示される広告ですね↓

PPC広告掲載場所画像です。

これを検索ネットワークに配信されるキーワードターゲット広告と言います。
広告を出稿する人(広告主)が設定したキーワードに表示されるPPC広告の事ですね。

ちなみに上記画像は「ダイエット」と言うキーワードの
検索結果画面なのでそこに表示されている広告は
「ダイエット」と言うキーワードを指定してある広告になります。

この検索ネットワークに表示される広告は
広告を掲載させる広告主が設定するキーワードの検索結果画面に
広告を表示させることが出来る為キーワードによっては非常に
購入率の高い広告運営が可能になります。

一方、購入率が高いキーワードや人気のキーワードなどについては
ワンクリック当たりの広告単価が高い場合もあります。

また、PPC広告が表示される掲載場所は
検索結果画面だけではなくもう一つ存在します。

それがコンテンツネットワークに配信される広告です。
コンテンツマッチと表現する方も多いです^^

このコンテンツネットワークはブログやサイト、
ミクシーなどのSNSなどのアドセンス広告に自動で表示される広告になります。

以下の画像の赤枠で囲んでいる部分が
コンテンツネットワークに表示されたPPC広告です↓

PPC広告コンテンツターゲット広告の画像です。

このコンテンツネットワークで表示される掲載場所はアドワーズのロボットによって
指定したサイトや設定キーワード、広告文、広告ページ等の情報から関連性の高いページに
自動挿入される仕組みになっています。

なのでネット上に存在する膨大な数のサイトやブログの各ページが
広告掲載場所の対象になりますので非常に多くのアクセスを集める事が可能になります。

よってこのコンテンツネットワークがうまく活用できる事によって
非常に低単価でより多くのアクセスを集める事が出来、
売り上げを一気に伸ばす事も可能になると言う事です^^

しかしながら検索ネットワークからの
アクセスとは違い購入意欲の高い方ばかりの
アクセスではないため購入率は若干落ちてしまいます。

ただそれと引き換えに
検索ネットワークでの広告掲載に掛かる広告単価に比べ
安い単価で広告掲載が可能なケースが多く情報商材などの
販売力のある販売ページにアクセスを流す事で
売り上げを確保する事が比較的簡単に出来てしまいます^^

アドワーズ広告配信先参考画像です

ここでは検索ネットワーク広告と
コンテンツネットワーク広告の詳しい特徴や違いを理解する必要はありません。

ただ、大きく分けてPPC広告には2つの掲載場所があり
その掲載場所によっての大まかな特徴と違いだけ理解しておかれると
今後の広告運営がスムーズに進めることが出来ます^^

では次にPPC広告を利用する中で一番気になる広告費について
次の「PPC広告の広告費について」で詳しくお話していきます。

« PPCアフィリエイトのメリットとデメリット ←前に戻る | 次に進む→ PPC広告の広告費について »


*分からない事やご相談はお気軽にご連絡下さい^^

お問い合わせメールはこちら

人気ブログランキングはこちらからご覧下さい

人気ブログランキングに参加しています^^このサイトの人気度は?→人気ブログランキング

カテゴリ: 0章:PPCアフィリエイト基本知識
タグ: