品質スコアとは?

品質スコアとは?

品質スコアについてここでは記載しておきます。PPC広告を使ったアフィリエイトではより安い単価での広告掲載が成功のポイントとなります。そのより安い単価での広告掲載の成功の鍵を握るのがこの品質スコアになりますので、品質スコアについてはきちんとした知識を身に付けておく必要があります^^

品質スコアについて

そもそも品質スコアとは何なのか?
PPCアフィリエイトを始めたばかりに時には
なかなか理解できないものですよね^^

まず品質スコアとは広告が表示される検索結果やウェブページに対して
キーワードや広告ページ、広告文の関連性を10段階で評価したスコアの事です。

関連性が高いと判断されるほど高い数字になり、
逆に関連性が薄いと判断させると低い数字で評価されます。

この品質スコアはアドワーズの管理画面で確認する事が出来ます↓

PPCアフィリエイト品質スコア表示画像1です。

デフォルトの状態では品質スコアが表示されていない場合がありますが
その時は次の手順で品質スコアを表示させることが出来ます。

管理画面の広告グループ画面に入り「フィルタと表示」⇒「表示項目の変更」から
「品質スコア」にチェックを入れ保存で表示されるようになります^^

PPCアフィリエイト品質スコア表示方法説明画像です。

また、この設定で確認できる品質スコアは検索ネットワークに配信される
広告に対するキーワード毎の品質スコアでコンテンツネットワークに配信される広告の
品質スコアとは異なります^^

コンテンツネットワークに対しての品質スコアを確認する方法はありません。
正確に表現するとコンテンツネットワークに対しての品質スコアは特殊な為
管理画面上に表示させることが不可能だと言う事です^^

品質スコアとは?

ではこの品質スコアは何を基準に決定されているのかを
お話していきます。

まず品質スコアとは↓

(アドワーズヘルプより)

品質スコアは、広告、キーワード、ウェブページの関連性を示す指標です。品質スコアにより、Google と Google ネットワークのユーザーに最も関連性のある広告のみを表示することができます。

キャンペーンにはいくつかの種類の品質スコアが適用されます。
1. キーワードの品質スコア (Google と検索ネットワークに広告を表示する場合)
2. 広告の品質スコア (コンテンツ ネットワークに広告を表示する場合)

引用元:アドワーズヘルプ『品質スコア』より

要は「広告、キーワード、ウェブページの関連性を示す指標」

↑この事ですね^^

この「広告、キーワード、ウェブページの関連性」が
高いと評価されれば品質スコアが上がり

「広告、キーワード、ウェブページの関連性」が
低いと判断されれば品質スコアが低くなってしまいます。

ではこの品質スコアとして評価される要素について
お話していきますが

実はこの品質スコアについて100%の情報は公開されていません。
なのでここでお話しする内容は品質スコアとして評価される一部でしかないと言う事を
まずはご理解頂ければ良いかと思います。

1. Google と検索ネットワークでの品質スコアについて

(アドワーズヘルプより)

1. Google と検索ネットワークでの品質スコア

Google と検索ネットワークでの品質スコアの計算方法は常に改善されていますが、その中心となる要素は変わりません。

* キーワードおよび一致した広告の Google での過去のクリック率: Google ネットワークでのクリック率は、Google ネットワークでの品質スコアに影響しますが、Google での品質スコアには影響しません。
* アカウントの履歴 (アカウントのすべての広告とキーワードのクリック率により算出)
* 広告グループの表示 URL の過去のクリック率
* リンク先ページの品質
* キーワードと広告グループ内の広告との関連性
* 検索クエリに対するキーワードと表示される広告の関連性
* 広告が表示される地域でのアカウントの掲載結果
* その他関連性に関する要因

引用元:アドワーズヘルプ『「品質スコア」の定義と計算方法』より

簡単に言うとアカウント全体の過去のクリック率や
広告文に表示させるドメインに対しての過去のクリック率
それからキーワードと広告文との関連性や
検索結果に対しての表示される広告文との関連性

↑これにプラスリンク先ページの品質が考慮されて
品質スコアの評価が決定されます^^

ただ、正確にはこれだけではありませんからね^^
その他にも品質スコアを決定する要素は存在します。

ただ、単純に設定するキーワードと広告文との関連性と
過去のクリック率。これにリンク先ページの品質が影響していると
お考え頂ければ良いかと思います^^

ここでリンク先ページに関しては関連性が無くても
品質スコアには影響しないのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが
答えはNOです^^

このリンク先ページの品質という要素の中に
品質の高いウェブサイトを作成するために必要な3つの主な要素は、
関連性の高い独自のコンテンツ、透明性、明確性と表示されています^^

(アドワーズヘルプより)

関連性:

* 広告で提示されている内容をユーザーが簡単に見つけられるようにする。
* リンク先ページに広告内の商品やサービスに関する有用な情報を掲載する。たとえば、さまざまな商品の説明が記載されたページではなく、広告に示されていた商品を購入できるページにユーザーを導くようにしてください。

引用元:アドワーズヘルプ『リンク先ページとサイトの品質に関するガイドライン』より

なので結局大きくまとめると
設定するキーワードと広告文、広告ページとの関連性
アカウント全体の広告とキーワードや広告文に表示させるドメインの過去のクリック率

なので関連性とクリック率この二つだとお考え頂ければ良いかと思います^^
また過去のクック率が品質スコアに影響を与える事から
アドワーズの管理画面で確認できる品質スコアは変動していきます^^

次に
2. コンテンツ ネットワークでの品質スコアについて

(アドワーズヘルプより)

コンテンツ サイトに広告が表示可能かどうかと、そのサイトでの広告の掲載順位を決定する場合、品質スコアは次の要素を考慮して計算されます。

* 広告が掲載されるサイトや同様のサイトでの過去の広告掲載結果
* サイトと広告グループ内の広告やキーワードとの関連性
* リンク先ページの品質
* その他関連性に関する要因

引用元:アドワーズヘルプ『「品質スコア」の定義と計算方法』より

コンテンツ ネットワークに配信される広告に関しては
検索同様キーワードと広告文、広告ページと
広告が表示されるウェブページとの関連性に
広告が掲載されるサイトや同様のサイトでの過去の広告掲載結果が
プラスして評価されると言う事です。

検索に対する品質スコアとの違いは
過去のクリック率という記載がないという部分ですね^^

またコンテンツネットワークへ配信される広告は
個々のキーワードに対して配信される広告ではないので
各キーワードに対してのクリック率などは存在せず
管理画面上でコンテンツネットワークに対する品質スコアを確認する事は出来ません。

なのでキーワード毎に表示される品質スコアが
悪くてもコンテンツ広告は快調に表示される事も良くあります。
もちろんその逆もありますよ^^

あくまでも管理画面で確認する事が出来る品質スコアは
検索ネットワークに表示されるキーワード毎の品質スコアになります^^

これらの様に可能な限り関連の深いキーワードや
広告文、またリンク先ページを作成し

尚且つ可能な限りクリック率の高い広告で運営を続ける事で
より高い品質スコアを得る事が可能になります。

この品質スコアが高ければ高いほど広告ランクを上がる為、
逆に上限単価を安く設定しても広告が表示されるようになります。

ただ、過去のクリック率はあくまでも過去の結果なので
私達はより関連性のある広告設定とリンク先ページの作成を
心がける必要があると言う事で可能な限り品質スコアを高める努力をすると言うことですね^^

では次に広告を複数管理していく中で同じキーワードを設定したい場合や
設定してしまった場合にどのような法則で広告が配信されるのかを
次の「PPCで設定キーワードが重複した場合はどうなる?」でお話していきます^^

« アドワーズクリック単価について ←前に戻る | 次に進む→ PPCで設定キーワードが重複した場合はどうなる? »


*分からない事やご相談はお気軽にご連絡下さい^^

お問い合わせメールはこちら

人気ブログランキングはこちらからご覧下さい

人気ブログランキングに参加しています^^このサイトの人気度は?→人気ブログランキング

カテゴリ: 5章:アドワーズ基本知識
タグ: