アドワーズ管理画面の仕組みと構成

アドワーズ管理画面の仕組みと構成

ここでは実際にアドワーズのアカウントを取得する前にアドワーズのアカウントがどの様な構成で成り立っているのかを先にお話しておきます^^ここを理解しておく事で実際に広告を出稿する際にスムーズに作業を行う事ができます^^

アドワーズ管理画面の仕組みと構成

まずアドワーズの管理画面はアカウント、キャンペーン、広告グループの
3段階の階層で構成されています。

* アカウントには、固有のメール アドレス、パスワード、お支払い情報を登録します。
* キャンペーン レベルでは、1 日の予算、ターゲットとする地域と言語、Google ネットワークの掲載設定、キャンペーンの終了日を設定します。
* 広告グループ レベルでは、広告を作成してキーワードやプレースメントを設定します。広告グループやキーワード、プレースメントに入札単価を個別に設定することもできます。

引用元:アドワーズヘルプ『AdWords アカウントの構成』より

要は、アカウントと言うのが一番大きな括りで
その中にキャンペーンが存在し、そのキャンペーン内に
広告グループが存在しています^^

アドワーズ管理画面の仕組みと構成

ただ、上記画像のような表現では
なかなかイメージできませんよね^^

まずですね^^
アカウントと言うのはあなた個人のアドワーズ管理画面だとお考え下さい^^

その管理画面内でキャンペーンと言う大きな括りがあり
このキャンペーンは1つのアカウントで最大25個まで作成できます^^

また、このキャンペーン内に広告グループを複数作成することが出来、
1つのキャンペーン内で最大100個の広告グループを作成できます。

なので計算上は2500個の広告を1つのアカウントで
管理する事が出来ます^^

実際にキーワードを設定したり単価を決めたり
広告文の作成や、作成した広告ページのURLを指定するのは
全て広告グループで行います。

要は、一つ一つの広告作成は広告グループで行い
それら複数の広告を管理しやすいようにジャンルや1日の予算など
大きな括りでまとめたものがキャンペーンになります^^

なので1日の予算を500円で設定したキャンペーン内に
複数の広告が存在してもそれらの各広告トータルで500円を
使い切った状態で広告の掲載はストップされます^^

またこの予算は各広告グループに均等に割り振られるものではなく
あくまでもトータルの金額になるので沢山使う広告グループもあれば
1円も使わない広告グループなども出てきます^^

また、広告の配信先を検索結果画面のみに指定したキャンペーンでは
そのキャンペーン内にある広告は全てコンテンツネットワークへの広告配信はされず
検索のみへの広告配信になります。

その逆も同じでコンテンツネットワークのみの配信設定をしたキャンペーンでは
そのキャンペーン内にある広告は全て検索への広告配信はされずに
コンテンツネットワークのみの広告配信になります。

キャンペーンと言う括りは、そのキャンペーン内にある各広告グループを
一括して管理できる括りだとお考え下さい^^

一般的に私達がイメージする広告と言うものは
広告グループで作成したもので

それらの広告を大きな括りでまとめて管理できるのが
キャンペーンだとお考え下さい^^

ただ、この辺に関しては実際に使っていく内に
自然と理解できるものですのでここで深く考える必要はありません^^

アカウントの構成がどのようになっているのか
大体のイメージだけ掴めれば良いかと思います^^

では、次に実際にアドワーズのアカウントを取得する作業に入ります。
詳しい作業手順は次の「アドワーズ登録手順」でお話していきます^^

« アドワーズ登録前の注意点 ←前に戻る | 次に進む→ アドワーズ登録手順 »